安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 土砂災害の予兆について

土砂災害の予兆現象

次のような現象を見たら…聞いたら…
避難勧告や避難指示に係わらず、直ちに地域の方と安全な場所に避難を行ってください。
特にお年寄りや体の不自由な方へのご配慮を、お願いします。
安全な場所に避難したのち、もよりの市町村役場等に連絡してください。
【 前兆現象 】

土石流

山や谷の土砂や岩石などが、梅雨や台風期の長雨や集中豪雨によって水と一体になり、一気に下流へと押し流されるものをいいます。その流れの速さは規模によって異なりますが、時速20〜40kmという速度で一瞬のうちに人家や畑などを壊滅させてしまいます。
山鳴りがする 急に川の流れが濁り流木が混ざっている 雨が降り続いているのに川の水位が下がる

がけ崩れ

雨や地震などの影響によって、土の抵抗力が弱まり、急激に斜面が崩れ落ちることをいいます。突然崩れ落ちるため、ひとたび人家を襲うと逃げ遅れる人も多く、死者の割合も高くなっています。
がけに割れ目が見える がけから水が湧き出ている がけから小石がぱらぱらと落ちてくる

地すべり

地面は何層もの地層が積み重なってできていますが、大雨が降り続くと地下に水がしみこみ、水を通しにくい粘土層の上に地下水がたまります。この地下水の力に持ち上げられて粘土層を境に上の地面がゆっくり動く現象です。
沢や井戸の水が濁る 地面にひび割れができる 斜面から水がふき出す
このページのTOPへ
All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage