安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 平成17年(2005年) 福岡県西方沖地震

主な土砂災害事例

事例7:平成17年(2005年) 福岡県西方沖地震

災害発生地区 福岡市西区玄界島 他
災害発生日時 平成17年(2003年)3月20日
災害の概要 平成17年3月20日10時53分頃、福岡県西方沖を震源とするマグニチュード(M)7.0の地震が発生しました。特に震源に近い玄界島(福岡市西区)では、家屋の8割以上が被災し10人が重傷を負ったが、住民の適切な処置によりガスの元栓を締めながら避難するなどの対応で、死者はなく火災などの二次災害も防ぐことができました。また、震源から10km〜15km範囲にある西区西浦や東区志賀島でもがけ崩れなどの被害が発生しました。
地震直後の玄界島
地震直後の玄界島の写真
急な斜面での表層崩壊
急な斜面での表層崩壊の写真
家屋の崩壊状況
家屋の崩壊状況の写真
斜面崩壊状況
斜面崩壊状況の写真
法枠工の被災状況
法枠工の被災状況の写真
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage