安全で安心な生活のためによりよい県土づくりを目指します
TOP > 主な土砂災害事例 > 昭和28年(1953年) 門司災害

主な土砂災害事例

事例1:昭和28年(1953年) 門司災害

災害発生地区 北九州市門司区(旧門司市)
災害発生日時 昭和28年(1953年)6月28日正午頃
災害発生時の雨量
連続雨量:
291.2 mm (6/4〜8)
646.1 mm (6/25〜28)
最大時間雨量:
(門司) 77.4 mm (6/28)
(下関) 77.6 mm (6/28)
(小倉) 101 mm (6/28)
災害の概要 ・昭和28年(1953年)6月、関門地方は梅雨前線の停滞による集中豪雨に見舞われ、最も降雨の激しい28日正午頃、北九州市門司区(旧門司市)の中央部風師山系の山々が相次いで山腹崩壊を起こし、山津波となって市街地を襲った土石流は132名の尊い人命と、2,098戸の家屋を一瞬にして奪うという未曾有の大惨事を引き起こした。
・被害総額は、トンネルの閉塞、重要交通路の切断、通信施設の破壊等44億円に達した。
風師山の山腹崩壊
土石流通過後の破壊状況
堆積した転石
風師山の山腹崩壊
風師山の山腹崩壊
このページのTOPへ
土砂災害警戒区域図(土砂災害警戒区域マップ)
土砂災害警戒区域図の見方(操作について)
土砂災害危険度情報(土砂災害警戒情報)
福岡県の県土整備事務所
土砂災害関連の素材、パンフレットはこちらから

福岡県県土整備部砂防課
TEL:092-643-3678
FAX:092-643-3689

All Rights Reserved, 2009 Fukuoka Saboka Homepage